1. 金型修理 金型メンテナンスの株式会社中川 中川旭舟 >
  2. 事業案内

事業内容

海外生産の大きな金型にも対応

画像01

大型金型対応

  • 15t,7.5t,5t,2.8tの4基のクレーン
  • 200tダイスポマシン
  • 工場敷地進入口は6.5m幅
  • 工場進入口は5m幅
  • 工場内天井は最大8m
  • クレーン高6m

海外生産の大型プラスチック金型の修理改造に対応できる広いスペースを確保し、金型サイズによるメンテナンス対応不可というストレスを取り除きました。
故障という緊急事態にとって、広い間口と素早い対応、そして確かな技術が重要であると当社は考えております。

納期に自身があります

画像05

生産途中での金型の故障は納期・コスト・信用など様々な面でデメリットを与える要因です。緊急対応への対応は専門で修理・改造を行っている当社だからこそ迅速な対応が可能です。
相談や注文をいただいたらまずは状態を正確に把握し、「いつまでに仕上げられるか」「即日対応は可能か」しっかりとした打合せを行います。
生産工程に大きな狂いを出さず、製品品質を維持し・・・そんな物を作る人間としての思いをお客様と共有します。

経験豊かな職人揃い、良品質

当社の職人は、この道平均20年以上のキャリアを積んでいます。自動車のライト仕上げ経験者ですので、機械ではできない「人の技」「手先の感覚」という匠の技を持つ者ばかりです。

金型の品質向上やメンテナンスは、1つ1つ形状の異なる金型を手仕上げで修復する為、このような職人技が生きるのです。
また、複雑化・デザイン化するプラスチック製品に伴い、金型の形状も様々で精密な構造となっています。これら機械で修理改造
が難しい部分こそ、経験と実力を持つ職人にお任せください。

CAD/CAM設備よる改造データ

当社での修理・改造は“指示書・サンプル・金型”の3点と打合せで対応しております。緊急の場合は図面無しでも対応しております。 近年、金型業界でも精密化、NC化が進み、金型設計図がデジタルデータとして扱われる機会が多くなりました。
当社では図面無しでの対応はもちろんですが、3Dデータから指示書に落とし込んだり、NCデータを作成し各NC加工機械に読み込ませ、より正確でご希望に沿ったメンテナンスを行わせていただきます。

PAGE TOP